2010年8月10日 (火)

反射神経

さくりーたさま(6歳)にあっちむいてほいでけっこう負けてしまうおぱぴです。

最近、語学って反射神経じゃないの?、とよく考えるわけで。もちろんそれだけではないのでしょうが。自分の意図が最も伝わる単語や言い回しをじっくりと考えられる作文と違って、会話なんかは特に反射神経が深く関わっているような気がします。

それを感じた今日の一コマ。電話中。

Entonces, nos vemos manana(じゃあ、明日会いましょう)といった感じで、あとは電話を切るだけ。

そこで口から出る別れの言葉。

BYE BYE

言ってしまってからいつも「あ、やべ」と思うのですが、周囲の人はHasta luegoかChaoをよく使っています。自分で口走ってしまったバイバイは英語なんですが、ドミニカでは最もポピュラーな言い方で、おぱぴもいつもそういって電話を切っていました。

で、これまでの滞在国ではどうだったかな、と思い出すと、これが国によって違うのです。

グアテマラ:Adios(でしたっけ?Hasta luego?)>あるふぁさん
ペルー:Chao(二回繰り返しましたっけ?)>Elisaさん
ドミニカ:Bye Bye
そしてボリビア。

今回、約3年半ぶりにChao圏に戻ってきたのですが、やはりドミニカでの3年間で体に染みついたバイバイは、まだ反射的に口走ってしまいます。昔も国が変わった時はこういった苦労があったのですが、最近に比べて適応が速かったと思います。これはやはり年齢から来る身体的能力の衰えなのでしょうか。

そう考えると、自分では大分上手くなってきたと思ったスペイン語も、崩れて来た体形や薄くなっている頭髪と同様(笑)、あとは劣化していくだけなのでしょうか。ちょっと不安なところです。

一人で夕飯を食べていると訳の分からないことを考えてしまいます。

Img_0037
週末ラパスの街の景色がいいところに行ってみたら、孔子さまがいました。向こうのイリマニ山を見つめて何を考えているのでしょう。

方角は違いますが、山の向こうに日本を思ってしまうおぱぴでした。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年8月 7日 (土)

生まれてきて

いつまでもトップ記事にタイツの写真というのもなんなので(笑)。

6日は独立記念日で3連休なので、街をうろうろしているおぱぴです。

今日はラパスの秋葉原と言われるEloy Salmonという街に行ってみました。まあ、4ブロック四方ぐらいのこぢんまりとしたところですが、白物家電からHDTV、PCパーツや携帯電話まで、色んなものが売られています。

さて、こんな街歩き以外には読書かビデオ鑑賞しかないおぱぴの週末。文庫本の読破スピードが予想以上に速くなっているので、ここ数日はビデオの方に。日本からHDに入れて持ってきたものをiPhoneに移してごろ寝しながら見るのが基本姿勢。おかげで街歩きの合間のカフェやレストランでも見れるわけです。

で、今日見たのが白夜行。今さらという感じですが、小説は読んでいたので、その記憶を思い出しながら。

(ちょっとネタバレあり)まだ2話目、二人の子ども時代です。厳しい家庭環境の下、いい事なんて何もないと思っていた雪穂ちゃんは、亮司に出会えて生きてて良かったと初めて思えたと、彼への別れの手紙の中で告白しています。

話は飛びますが、そこでおぱぴの頭の中に浮かんだのは、例の大阪の幼児置き去り事件。色んな分析があると思うのですが、そこには触れません。ウェブやNHK(ラパスでも見れるのです)で目にする度に、二人の小さなこどもはどんな気持ちでお母さんを待ち続けていたのだろう、と思うと涙が止まりません。単身赴任中のおぱぴには厳しすぎる話です。

この雪穂ちゃんの言葉に、「あの二つの小さな命は、生まれてきて良かったと感じることが出来たのだろうか」と考えるだけでまた涙でした。不覚にも、初めて入った食堂でチキンフライをかじりながら。

一部の方にはお伝えしてましたが、来年の3月におぱぴ一家に新しいメンバーが増える予定です。当初の希望人数にようやく到達します。この新しい命が、健康に生まれ育つ(それだけでも十分だとは思いますが)だけでなく、生まれて来てよかったといつか心の底から感じてもらえるようにするのが親の義務なんだな、と思った次第です。これまでにも漠然と考えたこともありましたが、ここまで明確に思ったのは初めてです。もちろん、さくりーたさまとあゆみーとくんにも、そう思ってもらえるよう、南米で毎日頑張っています。

「親」になってまだ6年とちょっと。こういったことを考えながら、親であることを一生勉強し続けていくんだな、多分、と涙目でデザートを食べながら考えたおぱぴでした。

単身赴任はいけませんね。ちょっと真面目に考える機会が多くなってしまいます(笑)。

> あるふぁさん
ラパスのSurも大分落ち着いたようです。寒さには大分慣れましたが、この乾燥気候で一日何十発もぱちぱち君に不意打ちを食らっています。もともとかなり帯電する方なので、これが半年も続くのかと思うとちょっと憂鬱です。

> べんちゃんさん
街(日陰)とオフィスは寒いのですが、ホテルの部屋は暖かいので今も半袖です(笑)。気圧の関係でお酒もビール一本かワイングラス1~2杯でストップしてます。サントドミンゴで飲んでたPresidenteが懐かしいこの頃です。
で、荷物は無事届きましたか?ブログにコメントしてみたのですが、そちらのブログもココログなので、海外からのコメントは拒否されてしまいました・・・。アップ楽しみにしています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年6月21日 (月)

突然ですが

突然ですがリニューアルです。

ドミニカでの仕事も5月で終わり、日本で一息ついてます。そして、7月からはボリビアです。ブラジル、ペルーに続いて南米3ヶ国目。

そんなわけで気分一新、タイトルとデザインを変えてみました。

毎日が真夏で蒸し暑いサントドミンゴから、年中長袖で時には氷点下という乾燥気候のラパスへの転勤です。共通するのは日差しがきついことぐらい・・・。ラパスは寒くてもお日様に近い(3000m超)分日差しがきつく、日焼け止め必携らしいです。

しかも、今回の赴任は単身です。まあ、半年契約なので12月下旬までの辛抱です。あゆみーとの出産時に4ヶ月ほどひとり暮らしをしましたが、それ以来、約3年ぶりの経験です。

日本でお留守番のおまみ、さくら、あゆむの三人にボリビア生活の様子を伝えることを最優先課題としつつ、6年ぶりの南米生活を日本のみなさんに紹介して行きたいと思います。意志が強い方ではないので途中でくじけそうですが、リラックスして力を抜いて更新していきますので、このおぱぴブログを今後ともよろしくお願いします。

日本にお住まいのみなさま。岐阜でお留守番の三人をよろしくお願いしますね。

20100616_015
最近の龍馬ブームに乗っかって高知城行ってみました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年1月27日 (土)

二つのお星様

以前我が家のクロ(メス、雑種)が行方不明になった事を書きました

それから一ヶ月も経っていないのですが、残されたチャー(メス、雑種)も15年の生涯に幕を下ろす事になりました。

数年前に脇腹に腫瘍が見つかったものの、高齢のために手術出来ず、患部が悪化するのを見守るしかなかったのですが、体力の衰えもありとうとう病に耐えきれなくなってしまったのです。

まずは足腰にきたようで、1週間ほど前から立つことも出来なくなり、一日中クッションの上で寝たきりとなってしまいました。そして食欲がなくなり、水だけの日々が続きました。最後は水を飲むだけの体力もなくなり、おじいちゃんが水を含ませた脱脂綿で水分補給をするという具合でした。

水曜日の夜のことです。深夜にもかかわらずチャーが大きな声で泣き出しました。単に水が飲みたかっただけのようでしたが、最後のあいさつでもしているのかと、驚いて目を覚ましました。水を飲むとまた眠ったようですが、結局それがチャーの最後の声となってしまいました。

翌日。もう泣いて水を欲しがる力もなく、全身を大きく震わせて呼吸をするのがやっとの様子でした。そして夜の8時頃、おぱぴはさくりーたの添い寝でうとうとしている間に、チャーは静かに息を引き取りました。もう動かなくなったものの、まだわずかに温かいその体はまだ生きているようでした。ただその表情は、長い病の痛みから解放されて安らかでした。

調べてみると、ペットの供養を執り行う業者が最近はいくつもあるようで、悲しみの中でもちょっと驚いてしまいました。金曜日にはそのうちの一つで最も近くの業者にお願いして遺体を火葬に送り、今朝遺骨が戻ってきました。そして我が家の居間が見渡せる場所にチャーを座らせてあげました。大好きだったチーズ鱈も一緒です。

いなくなってしまったのはもちろん悲しいのですが、晩年苦しみ続けていた病気から解放され、静かに眠れるようになったのがせめてもの救いです。ただ、年末からのこの1ヶ月の間に、2匹のかわいい娘をなくしたおじいちゃんはすっかり落ち込んでしまいました。さくりーたが少しは寂しさを紛らわせているようですが、時折二匹の写真を見ては目を潤ませています。

半座敷犬として飼っていたので、我が家の居間の半分は彼女たち二匹分のスペースとなっていました。その二匹ともいなくなった今、居間はとても広くそして静かです。さくりーたは二匹の死をまだ理解していないようで、食べ終わった鶏の手羽先を見て「この骨チャーちゃんにあげる?」なんて無邪気に聞いたりします。

二匹はいなくなりましたが、我が家の毎日はこれまでとほとんど変わらず続いていきます。ただ、ほんのちょっとした瞬間に、チャーとクロとの楽しかった日々が思い出され、みんなの心にさざ波を立てます。時が解決してくれる問題なのでしょうが、その傷が大きかった分、時間もちょっとかかりそうです。

15年前の春先、すがちゃんに拾われてきたよちよち歩きのチャー、
家中を走り回り、うんちまみれにしたトレーニング中のチャー、
おぱぴと全力疾走で競争した散歩好きのチャー、
おじいちゃんの足につかまって、全力で腰を振っていた(?)チャー、
必ずクロより先にご飯を食べていたチャー、

書き出すと色んなチャーの思い出てきて止まりません。

15年間ありがとう。決してチャーのことは忘れません。またクロと仲良くゆっくり休んでください。

最後に、お星様になった我が家の娘たちです。

S20060104_02
左:チャー(長女、享年15歳)、右:クロ(次女、年齢不詳)

ここまで読んでくれてありがとうございます。最近、歯医者やこんな話ばかりですみません。

 

おまけ。きょうのさくりーたです。

いい写真が撮れたので載せておきます。

S20070127_003
大好きなかますの干物を手に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月20日 (土)

テレビの力

「納豆にダイエット効果があるとした『あるある大辞典』に、事実と異なる内容が5件あった」とニュースが伝えていました。

今日はマスコミの捏造という問題に蘊蓄たれるのではなく、これに関する思い出を少々。

数日前、納豆がスーパーから消えるというニュースを見て、おまみと「やっぱりこれ、『あるある』だよね?」と話していたところでした。

3年ほど前、まだ大阪に住んでいたころ。いわゆる新婚さんで、さくりーたはまだこの世にいなかったころです。当時は朝食によくアボガドジュースを飲んでいました。

え、アボガドジュース?と思う方が多いのではないでしょうか。アボガドというとわさび醤油を連想する人が多いと思います。しかし、我が家では牛乳と砂糖とレモン少々をジューサーにかけ、濃厚なアボガドジュースを作っていました。

これがおいしいんです。ちなみに、これはおぱぴがブラジルで覚えた食べ方です。わさび醤油の前にこれを覚えたので、おぱぴにとってアボガドといえばジュースです。こってりしていておいしいですよ。試してくださいね。

さて、だいたい話は読めたかと思いますが続けます(笑)。

番組の詳しい内容はほとんど覚えていませんが、ある日あるある大辞典でアボガドが特集されました。言うまでもなく、基本的には、健康にいいという路線です。

そして翌日。スーパーでいつものようにアボガドを買おうとショーケースを見たところ、いつもなら何個もごろごろと転がっているところがその日はすっからかん。

「おお、これがあるある効果か(笑)」と驚いたものでした。

そしてそれから2週間ほど、アボガドを手に入れることはかないませんでした。あるあるを見た奥さま方が先を争って買い求めたのだと思います。

しかも、ようやくアボガドの姿を見たと思ったら、一個98円だったのが、128円へとお値段が3割増し。

「おお、これもあるある効果か(怒)」と力無く納得したものでした。

いやぁ、テレビの力って恐ろしいですね。

アボガドジュース好きのおぱぴでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年1月 6日 (土)

ブログ再開のお知らせ

ご無沙汰しております。おぱぴです。

11月15日から1週間ほど九州を旅行し、その後は岐阜のおまみの実家に帰省し、クリスマスとお正月を過ごしてました。その間、ブログの更新をさぼっておりました、覗きに来てくださった方には大変申し訳ございません。しかし、4日に単身で高知に帰ってきました。失業手当受給の手続き、というのがその理由ですので、おまみとさくりーたはもう少し岐阜のじいじとばあばのところにいます。一人で時間をもてあましているという事もありますので、この空白の一ヶ月の出来事についてアップしていこうと思っております。ちょっとまぎらわしいですが、12月にさかのぼって書きますので、このエントリーの下(つまり12月15日から1月5日まで)が増えているかを時間がある時に覗きに来て頂けると嬉しいです。

それでは、おまみのブログ共々本年もよろしくお願いいたします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月11日 (月)

まだ小春日和

今日は朝からいい天気。風が吹くと少し寒い気もしますが、12月も中旬だというのに、長袖Tシャツ一枚です。もちろん屋外で。

明日から天気が崩れるというので、九州旅行に出る前に家の大掃除をすることに。まずは1階の窓ガラス。

S20061211_005お掃除の邪魔になるのと、水で濡れてしまうので、さくりーたはあすかちゃんと室内でお遊び。

おとなしく遊ぶはずもなく、二人で窓際に寄ってきては窓越しの放水に大はしゃぎ。

おかげかどうか、土曜日に買ってもらったおままごとセットの部品を早くも紛失・・・。見つかるまでは使わせてもらえません。

午後は、すがちゃんが会社のボーリング大会でゲットした自転車を会社に取りに行きました。一宮までおまみに車で乗せて行ってもらい、そこから家まで久しぶりの自転車。

S20061211_008帰り道に一枚。高知の人、どこか分かりますか?

高校時代はこの風景を見ながら毎日疾走していました。

 

 

今日の話題ではないのですが、以前探していると書いていたあの本、ついに(というほどでもないのですが)ゲットしました!。土曜日にイオンの本屋であっさりと(笑)。これまで男性ビジネス誌や子育て雑誌コーナーを探していたのですが、見つけたのは音楽雑誌・エンターテイメント雑誌コーナー。「ロッ○ンオン」とかのとなりに鎮座しておられました。

S20061211_001ということで表紙です。

まだぱらぱら程度しか読んでないのですが、まず目についたのが、表紙右上の「UK発スタイリッシュ父親情報誌」(笑)。

そして右下。「愛されDAD」・・・だそうです。キーワード作りの苦労がうかがえます。

つづいて藤井フミヤとマーク・パンサーという彼らが押す「愛されDAD」たちが出てきますが、サッカー界からはなぜかベッカムさま。

で、極めつけが左下の「布袋寅泰」さま。この人選でくるか?と驚きと疑問がわき上がり、表紙だけでも結構楽しめました。この疑問がくつがえされる事を期待してます。

で、ずーっと考えているのですが、FQってなんの意味でしょう?略称なのでしょうが、今のところ雑誌内のどこにもその解説が載ってません。もっと注意して探してみます。

もう少しじっくり読んでから感想などを書きたいと思います。お楽しみに。

ちなみに、季刊で580円(創刊号特別価格)、アクセスインターナショナルという聞き慣れない出版社です。興味のある方は本屋で探してみてください。

盛りだくさんの小春日和の高知でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月27日 (月)

高知って・・・

日本に帰って来て2ヶ月あまり。高知での生活は4週間弱。

久しぶりにまとまった期間を高知で過ごして感じる事。

ヤンキー(風な人)が多い。

あくまでも大阪(池田・茨木・東住吉)・東京(西荻)と比べて、の話ですが。

イオンなんか行くと、家族連れにその傾向がありありと。お店なんかもどちらかというとそういう風な人をメインターゲットとしているような気もして、あまり買いたい店がない。結局ユニ○ロと無○良品ばかり。

昔はこの文化(?)に違和感なく生活していたのだから、高知を離れて15年の間に僕の感覚が変わってしまったのでしょう。

岐阜(おまみの実家:美濃市)でも似た傾向があるような気もするけど、それ以前に、

街(実家の周り)に人がいない・・・(笑)。 ごめん、おまみ。

関のショッピングモールなんかに出かけると、もちろんヤンキーもいるけど、やっぱり目をひくのは、

出稼ぎ日系ブラジル人たち。

外見はなんとなく日本人に近いものの、立ち居振る舞いが全く違うので、集団でいたりすると、場の雰囲気がちょっと変わったりしてなかなか新鮮。おぱぴとおまみにはある種懐かしかったりも。

しかし、外見はどう見ても日本人(いや、そうじゃない人も結構いますが・・・)だけど、立ち居振る舞いがまったくおかしい(例:周囲を気にしない、しつけがなってない)ヤンキーもとっても新鮮。

・・・と、最近そんな事を考えてしまいました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年11月21日 (火)

ブログ始めました

みなさん、こんにちは。

2年ほどペルーで仕事をしておりましたが、9月末で帰国し、実家にてハローワーク通いをしています。引っ越しやそれに伴う諸々の手続きも一段落着いたので、有り余る時間をどう活用するかを考え抜いた(というほど大げさでもないのですが)末、ブログを始めることにしました。実は、これに先駆けて始めたmixiで日記を書いていたのですが、mixi内部だけでなく広く公開したいので、こちらに移すことにしました。

これまでも奥さん(以下おまみ)のブログ「さくりーたとふみーた」に書き込んではいたのですが、子育てと家族行事以外の事についても気楽に書いていきたいな、ということで、個人のブログを開設しました。とはいえ、無職の現在、ネタの中心は娘との日常なので、「さくりーたとおぱぴ」というなんのひねりもないタイトルになってしまいました。

「ウェブ進化論」の著者(だったと思います)が、ブログは『知的生産活動』のツールであるというようなことを書いていたと思います(多分・・・)。僕の場合は、知的生産活動なんておこがましいので、子育て・趣味(サッカー)・仕事などについて日々考えたこと・感じたことを書き連ねたいと思います。それだけだと単なる日記でしかないので、それに対して皆さんからコメントが頂けますと大変ありがたいです。

それでは、今後ともおつきあい頂きますよう、よろしくお願い申し上げます。

ウェブ進化論 本当の大変化はこれから始まる Book ウェブ進化論 本当の大変化はこれから始まる

著者:梅田 望夫
販売元:筑摩書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (7) | トラックバック (0)