2010年8月12日 (木)

Road to Brazil 2014

南アフリカに比べれば、距離的にも近いし、地続きなので行こうと思えば結構簡単に行けるブラジル。

4年後の歓喜に向けて、世界中のサッカーシーンはすでに動き始めています。

ここボリビアでも、国際Aマッチデーを利用して、南米予選(まだ一年ぐらい先のことですが)に向けた準備が始まりました。そのお相手は

N20100811_002
分かりにくいですが、コロンビア。

W杯予選に出てた選手がどれだけいるのかよく分かりません。ちなみにこのコロンビア代表、おぱぴが投宿しているホテルに宿泊しています。知ってる選手がいれば、写真撮ったりサインもらったりして騒いだのですが、2000年代になってからの選手はほとんど知らないので写真すらありません。バルデラマのころは良かったなあ・・・(遠い目)。

で、我らが(というほどはまだアイデンティファイしていない)ボリビア代表。

N20100811_004
こちらもよく知らないのですが、唯一知ってるのが背番号10のJoselito。昨年10月に観戦したときでしょうか、それとも一昨年でしょうか、途中出場してたような気がします。外見やボールの持ち方からジュニーニョ(パウリスタの方)を思い出してしまいました。

さて、このメンバー表、おかしいところが一つあるのですが、分かるでしょうか?
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(答え)白いプレーヤーの絵が10人しかいない
 
 
 
 
TV局がこんなことではブラジルへの道はまだまだ遠いと言わざるを得ません(笑)。

で、サッカーの詳しいことはよく分かりませんので試合についてのコメントは無しです。

ただ、気になるのがこれ。


N20100811_003
うーん、好意的に見積もって2割と言ったところでしょうか。

まあ、真冬の平日の夜の試合だし、W杯予選もコパアメリカもまだまだ先だし、こんなものかもしれません。

N20100811_006
先制されたものの、地の利(標高3300m強)を活かして同点に追いついて終了。

試合翌日(今日ですね)、エレベーターで偶然一緒になったコロンビアの選手に、標高どうだった?って聞いたら、「そりゃもうえらいしんどかったよ・・・」と苦笑いしてました。ボゴタもそれなりの標高(2600mぐらいだったかな)なのに、3000m越えというのは、人間の限界を超えてしまっているのではないでしょうか。

ということで、彼らは午後の便で早々に国に帰って行ってました。やっぱりサッカーをする環境と言うには厳し過ぎますね、ラパス。

で、代表戦の後は、別チャンネルで再びサッカー。

N20100811_012
コパ・サンタンデール・リベルタドーレス決勝第1戦、チーバス(メキシコ)対インテルナシオナル(ブラジル)。数年前まではコパ・「トヨタ」・リベルタドーレスだったのに・・・。こんなところでも日本経済の落ち込みを感じてしまいます。

さて、試合はチーバスが先制しましたが、インテルがひっくり返し、このヘディングで逆転勝ちです。チーバスは招待チームなので、インテルは勝とうが負けようがクラブW杯に出場できるため、決勝の緊迫感があまりなく、ちょっと罰ゲーム的な雰囲気まで・・・うがちすぎでしょうか。

まあ、自分が応援してるチームじゃなかったから、というのもあります。そう考えると99年のパルメイラスの時はしびれたなあ。残念ながらチケット取れずにTV観戦でしたが、サンパウロの街の興奮は今でも鮮明に覚えています。

ポルトアレグレのチームでは、90年代後半はグレミオの天下だったのですが、ここ数年はインテルが世界に出てきたりとサッカー界は常に変化しているのがよく分かります。我らがパルメイラスもどうなってるのやら。

ドミニカで3年間すっかりサッカーが日常から離れてしまったので、こうやってリハビリを楽しんでます。

14年にはブラジルに生観戦に行くとすでにおまみに宣言しているおぱぴでした。

>あるふぁさん
ありがとうございます。
そうなんですよね、意外と子どもが3人のところって多いんですよね。おまみの兄弟(おまみ含む)4人中3人とも3人の子持ちです(一人は独身)。で、おっしゃるとおりその反面0か1が多いので、平らにすると1.3という恐ろしい数になるんですよね。しかも、その0か1って都市部で、田舎ほど不況が厳しいというのに子どもは多いという矛盾っぷり(笑)。
ポトシはエボ支持層が強いと言われる土地ですが、そこですらこのような事態が起きるのですから、2期目に入り、安定したと言われながらも、足下は実は危機的状況なのかも知れません。今後も予断を許しません。

>Elisaさん
補足ありがとうございます。ババーイも言ってましたね、そういえば。車なら一時間ほど行けば国境を越えれるんですが、この仕事をしているとなかなか行けないのがペルー(笑)。仕方がないので、近所のペルー料理屋でペヘレイのセビッチェを食べたりして、自分を慰めています。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年6月23日 (月)

4年に一度の

 

タイトルから北京五輪ネタだと思った方、残念でした(笑)。

やってますね、欧州選手権。もちろんサッカーですよ。トルコの躍進とフランスのまさかの予選敗退、優勝候補と見られたオランダの敗退など、話題盛りだくさんで賑わってますが、W杯以上といわれるクオリティの高さは、巻のエアヘッドでようやく勝ちを拾った我らが代表も、修行のために混ぜてほしいくらいです。

とかなんとかうんちくを垂れながら、映像はYoutubeのみという寂しい限りなのですが(笑)。

時間がないのではなく、なんというのでしょうか、そこまでして見る気にならないのです。

思い返すと92年のスウェーデン大会が最も熱くのめり込んだ大会でした。まだネットやスカパー!などリアルタイムに様子を伝えてくれるメディアがなかった時代、週間(隔週?)のサッカー専門誌や新聞の片隅から情報を得ては、どんな情景かを想像していました。90年に心を奪われたピクシー率いるユーゴスラビアにアイデンティファイしていた当時のおぱぴたちは、直前での国際試合出場禁止措置に涙したものです。今なお、あのチームが出場していたらどうなっただろう、と想像してしまいます。

そういえばファンバステンの角度のないところからのドライブボレーシュートもEURO(88年?)の決勝でしたっけ。あれがおぱぴの中ではNO1ゴール。

それ以降はどうも盛り上がりません。

96年イングランド大会:ブラジル滞在中のため、大阪の友人に全試合録画を頼むも、帰国後そのビデオはお蔵入り(笑)。
2000年ベルギー・オランダ大会:協力隊の訓練中で記憶無し。
2004年ポルトガル大会:始めての東京生活奮闘中。さくりーたさま生後2ヶ月。忙しくて見る暇無し。

そして2008年オーストリア・スイス大会。野球の国にいるということもありますが、TV自体を見ることがほとんどないので、自然と試合を見ようという気にもなりません。このサッカー熱の低下はなぜでしょう。

大体理由は分かってますが、偶然にもそれを端的に言ってくれたサイトがありました。おぱぴがよく見る名古屋グランパスのネタ系ブログです。以下抜粋。

「ユーロは確かに面白いけど、自分にとってあくまで鑑賞用。お祭り。
ユーロを見たら日本のサッカーが見れないなんて全然思わない。
レベルが高いとか低いとか、サッカー見るのにそんなの関係ない。
自分がどれだけ熱くなれるか。どれだけ勝ちたいと願えるか。
あるいは、不甲斐無い選手にどれだけ怒れるか。
自分にとってサッカーを見るのに一番必要なのはそれ。」

昔は欧州や南米のハイレベルな試合に興奮していたものですが、やはりそれは海の向こうの外国人がやってる観賞用サッカーです。最近はそれを衛星放送で見るよりも、もっと感情移入できる地元高知のチームの試合、4部相当の四国リーグとはいえ南国高知FCの試合を生で見たいと思うようになりました。高知にいるのはなぜかいつも年末年始のオフシーズンなので、まだ生観戦を果たしたことはないのですが・・・。

じゃあこの国でと思ったものの、ドミニカ共和国代表と一緒に戦おうにも、あっさりアウェー1試合のみでW杯予選敗退が決まったりして、最近ちょっと消化不良気味です。

「すかぱー」と入力すると「スカパー!」と変換してくれるAtokとジャストシステムに驚いたおぱぴでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月27日 (木)

南アへの道

おまみから、早くサッカーネタを終われ、と言われてますが、まだまだ続きます。なんせサッカーウィーク(自己設定)ですから。

我らがトリコロールのホームゲームの日程確定を心待ちにし、今日もFIFAのサイトを覗いたら、驚くべき事実が。

 

水曜日の1試合のみでプエルトリコ2回戦進出。

(  ゚ ▽ ゚ ;) ぎゃぼーん・・・(のだめ風)

 

つまり、ドミニカ共和国代表とプエルトリコ代表の組は、アウェー1試合だけで終わってしまったのです。分のいい相手に0-1で負けただけで、ドミニカーノ達のRoad to South Africaは隣の島であえなく終わりを告げたのでした。_| ̄|○

理由はよく分かりませんが、これ(アウェー1試合のみという変則レギュレーション)を受け入れてしまうところが、野球の国の1マイナースポーツの辛いところだなと感じた次第です。

気分を入れ替えたいところですが、日本サッカーからもあまり明るい話題が聞こえてこないし、高知FD(野球の四国アイランドリーグ)に逃避しようと思っても連敗街道まっしぐら(今日は勝ったようですが)で、どうにもすっきりしないおぱぴでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年3月26日 (水)

あっちもこっちも

サッカー週間は続きます。

終日のワークショップを終え、事務所でブラウザを立ち上げたらトップページ(Asahi.com)で我らが日本代表の試合結果が目に飛び込んできて、一日の疲れに一層の拍車が・・・。

観戦者のブログなどを読んでみると、オシム時代のかけらもなく、戦う意識が全く感じられない内容とのこと。ドイツでのショックの後、オシムさんに希望の光を見た気がしたのですが、それもこの4ヶ月であっという間に忘却の彼方へ葬り去られたのでしょうか。寂しいです。

さて、もう一方の我が(?)代表ドミニカントリコロール(勝手に命名)の方は、TV中継があったのでしょうか。最近全くつけていない(つけてもなぜかサンドストームだったし)ので、よく分かりません。FIFAのサイトによると、こちらも0-1でプエルトリコの後塵を拝しているようです。米国の自治領ごときに負ける一独立国家。辛い立場です(苦笑)。ただ、試合結果にt.s.という注釈が付いてるのが謎です。

とにかく、ホームでは2点差で勝つ必要があるようです。CONCACAFにアウェーゴール2倍ルールがあるのかな?

ということで、さっきまで知りませんでしたが、今日の五輪代表VSアンゴラ代表(A代表!)にこの鬱屈した気分を吹き飛ばしてもらいましょう。頑張れ、ヒラヤマ!

え、いないの?・・・

S20070907_001
なぜか子供用アンゴラ代表レプリカユニフォームを持っているおぱぴでした(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月25日 (火)

オリンピックサッカー

サッカーネタが続きます。

我らが(?)ドミニカ共和国オリンピック代表も、Road to Beijingということで、北京への道を歩みました、いや歩もうと頑張りました(笑)。

最近ようやく結果を知ったのですが、北中米カリブ予選のカリブ予備予選一次グループで、ハイチとセントクリストファー・ネイビス相手に2分けの2位となり、逢えなく2戦で道が途絶えたのでした。それも昨年7月のことでした。最近まで知りませんでした・・・。

最終的にこの地域からはホンジュラスとUSAが北京行きを決めたようですが、惜しかったのはグアテマラ。最終予選の準決勝、これに勝てば北京行きというところでホンジュラスにPKで惜敗。ケツアルを胸に配したスカイブルーのユニフォームをオリンピックの舞台で見てみたかったです。

グアテマラにいた当時にシドニーオリンピックがあったのですが、グアテマラの五輪選手といえば射撃と競歩という地味な競技(失礼)でした。そのため、オリンピックキャンペーンを張っていたどこかの企業のCMも、画面を競歩の選手がスタスタと駆け抜けたり、ライフルを構えた選手がじっとしていたり、と非常にシュールなものだったのを覚えています。

シドニーオリンピックといえば、マラソンの中継(メキシコの放送局)を見ていたら、高橋選手がトップでゴールに近づいていたのですが、突然週末のバラエティー番組に代わってしまい、何が起きたのか状況を把握するころには、すでにゴールしていたようで、泣く泣く国際電話で結果を確認したりもしました。週末のバラエティー番組に負けるオリンピックマラソン、意外でした。国による競技の人気の違いを実感した瞬間でした。しかし、どれもいい思い出です。

さて、W杯に頭を切り換えて、明日は我らが日本A代表。がんばれ山瀬。

年度末の多忙からサッカーに逃げるおぱぴでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月24日 (月)

サッカーシーズン到来

野球の国ドミニカ共和国でも、2010年南アフリカW杯に向けたサッカーカレンダーが本格的に、しかしひっそりと(笑)始動しようとしています。そうです、北中米カリブ地区予選が始まります。

3月26日(水)はインターナショナルマッチデー。日本はバーレーンとのアウェーゲームですが、我が(?)ドミニカ共和国もプエルトリコとのアウェーゲームが予定されています。通算5勝1敗2分けという分のいい相手ですが、油断は禁物です。

ただ、これに勝っても次はホンジュラス。希望の灯火が小さくなっていきます(笑)。ということで、生観戦はプエルトリコとのホームゲームのみになりそうな気配。しかし、FIFAのサイトを探してもホームゲームがいつなのか記載されていません。CONCACAF(北中米カリブ連盟)に至っては、W杯予選の記述すらないという有様。

ということで、いつになるか分かりませんが、おまみのお許しが出たら、我らがトリコロールの応援にオリンピックスタジアムに出かけたいと思います。

こちらに来て10ヶ月、まだ一度もちゃんとボールを蹴っていないおぱぴでした。

おまけ。

S20080209_010
意外とちゃんとボールを蹴れるさくりーたさまです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月18日 (火)

黄金時代よ再び

ホンジュラスから専門家さんが来ているので、終日ワークショップ中のおぱぴです。

夕食を終えて家に帰り、シャワーを浴びてネットを覗いたら、驚くべきニュースが。

パルメイラス監督にルシェンブルゴ氏就任

驚くべき監督人事といえば、こんなニュースもありましたね。

バンデルレイ・ルシェンブルゴ。日本ではブラジル代表(99年頃)やレアル・マドリー(2004年ぐらい?)の監督として知られているのではないでしょうか。これらのチームでは結果を残せなかったので、過去の人のような印象がありますが、おぱぴにとっては第一期パルメイラス黄金時代(勝手に命名)の名将ルッシャです。第二期黄金時代のルイス・フェリッペ・スコラーリ(磐田、ポルトガル等)には経歴で劣りますが、おぱぴの脳内順位では熱血フェリパォンよりも上位にランクされています。

ということで、パルマラットが経営から退いて以降、低迷を続ける我らがベルダォンが再び国際サッカーの表舞台に立つことを夢見させてくれるニュースでした。

あまりネタがないのでマイナーサッカーネタに逃げたおぱぴでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月22日 (日)

工作員のいるレストラン

何人かの方からコメントをいただきました、工作員がいるレストラン

今日もプールの後にお昼ごはんを食べに行きました。

その前に・・・

プールがあるのは、こんなホテルです。
S20070722_001
ホテルサントドミンゴ。ロゴはかわいいのですが、名前はオーソドックスなホテルです。

S20070722_006
先週は風邪気味だったので行けなかった分、今日はずーっと水の中でご機嫌でした。腕にしている浮き輪のおかげで、一人でぷかぷかしても怖くありません。ただ、いつも一緒に遊んでいる(といっても2回だけ)ホアキンが来ていないので、ちょっと寂しそうでした(そんな風に見えませんが・・・)。

さて、例のレストラン、いやカフェテリア、いや軽食屋といったほうがいいでしょうか。

店名はZONA FRIA。英語にするとCOOL ZONE。

S20070722_007
おぱぴ達の目を引くのはこのパズル。なつかしいペルーの世界遺産です。そして、奥の扉に例の文字が。

S20070722_008
ちょっとボケてしまいましたが、店主からの秘密のメッセージ(?)撮影成功です。

よく見ると工作員ではなく工作「人」員でした。そんな細かいミスはいいとして、時折開くこの扉の奥には、ドミニカ人工作員達がせっせと工作作業に取り組んでいるのが見えました。

そこで提供されるのがこんなメニューです。

S20070722_009
左:タピオカ入りミルクティー、右:ゼリー入りミルクティー。

左は来客のほとんどが頼むであろう定番商品。タピオカのもっちりとした食感と黒糖(多分)のコクのある甘さがとってもいけてます。今日はちょっとゼリー入りも試してみましたが、ぷりぷりとした食感もなかなかおいしかったです。

そして今日の冒険メニューはこれ、

S20070722_010
スパゲッティ入りトマトスープ(メニュー直訳)。まあ、トマトスープのラーメンですね。トマトの酸味の効いたスープがなかなかこってりで、おまみは「けっこうクセになるかも」とのこと。もう少しさっぱりでもおいしいかな、と思いますが、まずくはないです。これまでいくつか試した感想ですが、この店のメニューは全体的に、「これが中華???」って驚くようなものはなく、安心して頼めるものばかりです。

しかし、ちょっと風邪気味のおまみにとっては相性があまり良くないのか、金曜日も今日も、この店から帰るとお腹の具合が悪くなるようで、さっきも脂汗を流していました。

さくりーたさまのお昼寝中にせっせとブログを更新しているおぱぴでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月24日 (火)

ただいま予習中

ドミニカ共和国赴任まであと1ヶ月(ほど)。奥歯の型も取り終え、あとはそれを付けてもらうだけ。

さて、肝心の仕事ですが、毎日関連の資料に目を通し、JICAの担当さんに質問をしたりと、準備には余念がありません。

しかし、せっかくの海外赴任、仕事以外にも予習しないといけないことはあるのです。

Concacaf_top
じゃーん、CONCACAF(北中米カリブサッカー連盟)。

どう見ても野球の国のドミ共ですが、一応加盟国です。2010南アフリカワールドカップ地域予選にも参加しているはずです。本戦出場の可能性は限りなく低そうですが、一応赴任国なので応援します。そのためにはまずは予習。向こうに行ったらCONCACAFブログでも作ろうかな、多分誰も作ってないだろうし。目指せサポティスタ(での紹介)。

と邪(よこしま)な考えで予習を始めたおぱぴですが、これがなかなか楽しい。まずは上写真の右下にあるショップを覗きました。

Concacaf_shop
CONCACAF加盟国だけでなく、英国やイタリア、フランスのユニも売っています。そんないい味出してるショップですが、ひっそりと我が日本代表も商品を紛れ込ませておりました。しかし、安売り対象商品(笑)。だいたい5000円弱ですかね。ドミ共代表グッズは微妙なベースボールキャップのみ。ユニがどんなのか興味が尽きません。

ということで、もう少しこのサイトでCONCACAFの予習をします。いつごろブログが出来るかは、着いてからの業務次第です。聞くところによると、いきなり合同調整委員会という話なので、結構つらいスケジュールです。気長に待っててくださいね。

(追記:我がドミ共サッカー連盟へのリンクをクリックしたら、おもしろビデオのサイトにつながりました・・・。これだけでも彼の地におけるFutbolの扱いが分るというものです(涙))。

明日は朝から健康診断なので、今日はもうお酒が飲めないおぱぴでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月22日 (日)

以心伝心

本日二つ目のエントリー。

先週に続いて今週も日曜フットサル。中高サッカー部メンバーが中心のチームです。元バスケ部や元陸上部もいたりして、ちょっとした同窓会気分になれる場所です。月に2回ぐらい活動していて、12月から参加させてもらっているんだけど、このごろようやく当時の感覚が戻って来たような気がします。

中学から一緒だと6年、高校だけだと3年ですが、毎日一緒にボールを追いかけていた仲間ですから、プレーの特徴なんかはやっぱり感覚に刷り込まれています。そんなわけで、みんなのイメージが重なった時なんかは、自分たちも驚くようなプレーが出てきます。

おぱぴがおとりの動きでポストに入り、すぐにそこから出て行くと、S君が代わりにポストに入り、TからS君にパスが出て、S君はそれをダイレクトでゴール前に走っているおぱぴへ、ってな具合です。ポーンポーンと二本のパスがつながり、いいボールがゴール前に転がって来るので、おぱぴはGKの動きをよく見て蹴り込むだけでした。個人技で抜いてシュート、ってのも気持ちいいのですが、イメージシンクロが生む連係プレーが決まった時の気持ちよさは格別です。今日は特にそういった楽しさを満喫した2時間でした。

先日は、根無し草生活におけるアイデンティティークライシスか?なんてことを言ったりもしましたが、たまに帰って来てもこうやって昔のように一緒にボールを蹴れる仲間がいると、「やっぱり高知はいいなあ」なんて思ってしまいます。みんな結婚していいお父さんになっているので、子育ての話で盛り上がったりするのもまた楽しいです。

明日は朝から歯医者なので、この辺で。

この一週間の努力のおかげで、体の切れはここ数年で一番のおぱぴでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧