2009年10月14日 (水)

阿蘇山

10月10日(土)

ボリビア滞在記なのに阿蘇山?と思われる方もいるでしょう。

でも、ラパスには阿蘇山があるのです。

Scimg3414
観光客で賑わうサガルナガのど真ん中。

Scimg3415
ほら、「あそ さん」(笑)

Scimg3416
日本食レストランのようです。

ただ、現地在住の日本人も「聞いたことない」と言うぐらいですから、出来たばかりのよう。オーナーは日系ボリビア人とのことで、メニューを見てもそれほどキワモノでもないのですが、あやしげな雰囲気が漂ってたので、入ってみました。もちろんネタとして。

注文したのはランチセット。28ボリビアーノス(約4ドル)。激安です。

サラダバーが付いてます。写真取り忘れ。4種類ぐらいありました。でもドレッシングがケチャップとオーロラソース。サラダに???

Scimg3417
なぜかトースト。その後出てくるどの料理と一緒に食べたらいいのか最後まで分からずじまい。

Scimg3418
そしてそうめん。でも甘いキツネ付き。麺はインスタントラーメンっぽく、スープは醤油ベース。同行の日本人3名もこれをそうめんとは認められず・・・。かといって何かはっきりと断定できず。

Scimg3420
おぱぴが注文したのは鶏のキムチ炒め。赤くて辛いのですが、キムチって感じがしません。単に辛いだけ。これをキムチ炒めといってはいけない、と日本人は結論。

Scimg3421
デザートはフルーツサラダ。パイナップルが甘くて美味しかったです。

これで28ボリ(約4ドル)。繰り返しますが激安です。

まずくはなかったのですが、日本食かどうかと聞かれると、どうもどこかずれているような感じ。

ただ、10ドル出せばもっと美味しい日本食が食べられるラパスで、広い支持を得られるかはちょっと疑問。でもまあ、立地条件を考えれば、ヨーロッパからのバックパッカーなんかは入ってくれるのではないでしょうか。

一日一品出てくる度、最初の一口に手を付ける度、怖いもの見たさのような複雑な感情がわき起こり、とても楽しい昼食でした。

詳しい場所?サガルナガ通りを登っていくと、一つ目の交差点を渡ってすぐの左側です。看板が出ているのですぐ分かると思います。

ドミニカでは着ることのないアルパカセーターを買ったおぱぴでした。もちろんおまみにもね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年6月22日 (月)

はじめました

再び期限付き単身赴任生活始めました。あゆむ君の出産時以来なので、1年半ぶりでしょうか。

おまみが愛想尽かして子どもを連れて出て行ったわけではなく(笑)。さくりーたさまの幼稚園も終わったことだし、夏休みを日本で過ごすためです。

あれ、年末にも帰らなかった?という声が聞こえますが、寒い時期だと不都合な点が二つほどあったわけです。

1.インフルエンザ等で体調崩すのが怖くてあまりお出かけが出来ない。
2.ドミニカで着れる夏物の服が売ってない。

ということで、つい最近帰ったばかりですが、もう一回帰国することにしました。もちろん今年の年末年始には帰れません。

おぱぴ?今は年度末の忙しい時期なので、一緒に帰ることは出来ません。1ヶ月後ぐらいに帰り、2週間ほど日本にいる予定です。そしてみんなでドミニカに戻ってきます。

そんな訳で、おまみとさくりーたとあゆむ君を連れ、NYまで行ってきました。

驚いたことに、SDQ-JFK便の食事が有料に(; ゚д゚)。冷えて堅ーいサンドイッチに6ドル・・・。苦しいのねAAも。

NY滞在はJFK近くのいつものホテル。寂れたビジネスホテル風なのですが、空港に最も近いとあっていつも込んでます。しかも一泊150ドル強!!。高いです、さすが世界の中心。

さて、今回、NYから日本への便では、補習校のKさん一家とIさんちのAちゃんと一緒になりました(NYまでは別便)。さくりーたさまはHちゃんと飛行機で旅行できるのが嬉しいらしく、朝から興奮気味。搭乗手続きを終えた空港内のフードコートでは、総勢5名のちびっ子ギャングがあっち行ったりこっち行ったり。おまみはKさんと日本に持っていくおみやげ買い。ドミニカにはおみやげにいいものがないのでNYで。

おぱぴ?あゆむ君と荷物番でした。

ということで、気がつくとおぱぴのフライトの搭乗時間。名残を惜しむ間もなく、一足先にサントドミンゴへ。実質滞在時間15時間のあっという間のNY旅行でした。

今回の旅行で一番楽しんだのは、帰りの機内。たまったアップグレードポイントで一人のんびりビジネスクラス。やっぱりごろんと横になれるのはいいですね。

ということで、昨日からテンポラリー単身赴任生活中のおぱぴでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月21日 (火)

2時間

ホンジュラスとドミニカの時差の間には2時間の時差があります。

日本とドミニカの13時間に比べたら大したことないのですが、この2時間ぐらいというのも意外ときついものです。

夜9時ぐらいには眠くなるし、朝4時には自然と目が覚めるんですよね。体は正直にドミニカ時間でサインを送ってくれるわけです。

まだ研修序盤で余裕もあったことから、昨日は11時には横になり、今朝は5時に起きてしまいました。というわけで、このエントリーも朝の空き時間を利用しています。1時間とはいえ、普段より睡眠時間が短くなってしまいましたが、この先研修も本格化し、夜も宿題の作業等で遅くなると、ますます睡眠時間が削られます。

そんなわけで、意外と体調管理が大変だったりもします。

また、この2週間は仕事仲間との外食ばかりになるので、食べ過ぎ&飲み過ぎに注意するのも大事なポイントです。

それならカロリー消費だ、と思うもホテルにはジムはなく、周辺も治安の関係上あまり出歩かないでくれと注意されているので、ジョギングも出来ません。出来るのはベッドで地味にストレッチ程度です。というわけで、午前と午後の軽食には手を出さないようにするなど、カロリー摂取量を減らす工夫をせざるを得ません。

ペンディングの仕事もあるし、体調&体重管理もあるし、もちろん研修もあるし、意外とやることいっぱいのおぱぴでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年5月 6日 (火)

5年半ぶり

2002年の10月以来ですから、5年半ぶりのグアテマラ訪問です。

一応仕事。グアテマラ算数プロジェクトの全国セミナー出席です。

正午に着いた空港は、大改装中で当時の面影なし。やっぱり5年の歳月は大きいなあ、なんて思ってしまいましたが、ホテルにチェックインし、近所を散策してみると、隊員時代の記憶と変わらない風景が。

S20080506_002
細部に変化はあるでしょうが、同じ場所でグアテマラ人の心と胃袋を満たしているPollo Campero。このショッピングモールも当時とほとんど変わらない姿で、あのころの思い出につい浸ってしまいました。

明日以降は時間がないので、早速おまみへのプレゼントを探しに民芸品屋が並ぶ通りに出かけると、そこでも以前と同じ光景が広がっていましたが、当時にはなかったおみやげ物も並んでいました。

Nacimientos02
民族衣装(ウイピル)を着たNacimiento(キリストの誕生シーンの人形)です。ペルーではアンデスの民族衣装を着たものを買ったので、時季はずれですが、マヤ風にアレンジされたものを一つ。

変わっていくものと変わらないものを一つ一つ確認しつつ、久しぶりのグアテマラシティーを楽しんだおぱぴでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月 6日 (日)

一勝一敗(JFK→SDQ)

12時間のフライトを終え、JFKでは重い荷物を抱えてホテルに直行です。

年末年始の移動シーズン真っ最中のため(?)、空港近くのホテルはものすごい人。シャトルバスで到着した時には20人ほどの列。覚悟はしてましたが、30分程度の待ちでなんとかチェックイン(20:00)。

翌朝は6時35分発。早めに寝ておきたいところでしたが、日本からの便でしっかりと睡眠を取ってしまったのであまり眠くありません。

ということで、PCに入れておいたM1グランプリを見てしまいました。自分の性格上、途中で辞めるというのは無理なので、気が付くと最後まで見てしまっていました(笑)。皆が言うほどサンドウィッチマンダントツでもなく、最後まで残った3組甲乙つけ難し、という感じでした。今年はそれ以外が低調だったような気もします。

結局、ホテルでの睡眠時間2時間、目覚ましの15分前起床(お約束)で、4時にホテル発です。

空港では、早起きしたご褒美なのか、空席があったようでアップグレードしてくれました。地道にマイル貯めててよかったです。これで一勝。

S20080106_005
証拠物品。

S20080106_002
まだ5時前だというのに長蛇の列のセキュリティチェックを済ませて一段落。ターミナル8は新しく天井も高く、U2の「Beautiful Day」のPVを思い出させます。

S20080106_003
今日の機体です。まだ真っ暗なのに、空港はみんな働いています。

S20080106_004
ドミニカ人のスペイン語が聞こえて来て、ようやくリラックスです。ホテルでネット接続が出来なかったので、ここから日本に連絡(Skype)です。

S20080106_006
定刻通りに出発。ターミナル8は管制塔もAA独占のようで、ロゴ付き。

S20080106_008
東の空が朱に染まるのを眺めつつ南下。めざせサントドミンゴ(SDQ)。

機内ではゆったりと朝食のチーズオムレツを食べ、あとはひたすら睡眠。せっかくの3時間半のビジネスクラスもほとんど夢の中。

タイヤの接地と同時にわき上がる拍手を聞き、扉が開くと同時に早足でイミグレーションに向かい、一番乗りで入国を果たします。

しかし、順調だったのもそこまで。

そう、荷物(バックパック(大))が出てきません。

一番最初にターンテーブルに着いたのに、一番最後にターンテーブルを離れる羽目に(涙)。これで一敗。

クリスマス前にマイアミで買った洋服や、あゆむ君の服、さくりーたさまのスニーカーなんかが入っていたので、軽く動揺しつつクレームに行くと、あっさりと「次の便で来ますよ」。どうやら荷物が多すぎて積みきれなかったようです。同じような目にあったお客さんが10人ほどいました。

ということで、最後にトラブルがあったものの、2時過ぎには家に到着。荷物は夜10時ぐらいに届きました。荷ほどきを終え、日本にも連絡を入れ、長かった帰国の旅もようやく終了です。

ということで、明日から仕事、2月下旬まで忙しそうです。その合間を縫っておまみ達がドミニカに戻ってきます。

ここで目をつぶり、目覚めたらまたあの忙しい日々に戻らないといけないのかと思うと、ベッドに向かう足が踏み出せないおぱぴでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月 5日 (土)

苦行(NGO→JFK)

ちょっと寝不足気味ですが、乗り遅れへの恐怖心から、目覚ましの15分前、5時過ぎには目を覚ましました。

S20080105_003
セントレアの朝焼けです。

S20080105_004
ラッシュは帰国側なので、出国側は閑散と。

S20080105_005
Docomoはマチュピチュやイースター島までカバーしているそうです。日本の携帯もすごいですけど、世界中いたるところに出没する日本人の方がすごいような気がします。

S20080105_011
セントレア→成田の機体です。やはりJALはスープがおいしいです。

S20080105_012
上空からのセントレア。今回の一時帰国は空港全景を撮るチャンスが沢山ありました。

S20080105_014
お約束の富士山もしっかり撮影。

ということで、成田に着いたのは09:50。

あらかじめ宅急便で送っておいた荷物をピックアップしてNY便へチェックイン(10:00)。

本屋で手当たり次第に雑誌購入(10:45)。

ちょっと早いですが、日本最後の食事。前回と同じくトンカツ(11:30)。

無事出国(12:00)。

定刻18:35のAA168便は19:30発へと変更。7時間半・・・何をしろというのでしょう。

デューティーフリーを一通り見物(13:00)。

免税店街のベンチでちょっと居眠り(13:30)。まだ6時間。

仕方がないので、昨日買っておいた本を読み進める。330ページ読破(16:30)。やれば出来るもんです(笑)。

考えを改めて、おまみに遅いクリスマスプレゼントを購入(17:00)。何を買ったかはヒミツ。

搭乗口に向かうと、話題の石屋製菓。

S20080105_017_2
あと2箱だったのですが、カメラを準備しているうちに完売。すごい人気(反動?)です。

S20080105_018
07年は食品偽装疑惑で揺れた日本でしたが、これなんかは復帰に成功したクチですね。コンサドーレもホッと一安心ってところでしょうか。

S20080105_019
NYからようやく到着(18:00)。あと1時間半で再び太平洋をひとまたぎです。

さて、搭乗時刻もせまってきました。この半年間で2回も一時帰国をしてしまったので、今後しばらくは帰れないと思います。次がいつになるかは全くの未定です。

ドミニカではしっかりと腰を落ち着けて、さくりーたとあゆみーとの子育てに励みたいと思います。それでは、おまみのブログともども、今後ともよろしくお願いします。

赤福にも早く復帰してもらいたかったおぱぴでした。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年12月24日 (月)

日本到着

お仕事もしていたので、けっこう短く感じたフライトでした。

ちょっと遅れ気味の到着だったので、名古屋便への乗り継ぎにばたばたしましたが、おかげで入国の長蛇の列を横目に優先レーンを通らせてもらいました。不幸中の幸い。

S20071224_003
間近で見る747、大きいですね。

S20071224_005
夕方の渋滞時刻だったので、間近に着陸機を見ることが出来ました。

S20071224_006
夕焼けが美しい関東平野(?)上空です。

S20071224_008
成田空港を真上から。意外と大きな空港です。

S20071224_009
都心を下に見ながら西へ。

S20071224_015
富士山を間近に眺めながら西へ。

S20071224_018
セントレアに着いた時にはもうあたりは真っ暗。

S20071224_019
名古屋の街はすっかりクリスマスイブ。すっかり忘れてました(笑)。

今回もさくりーたさまには内緒で帰ったのですが、サンタさんが来ると思っていたらしく、

「なーんだ、おぱぴか・・・」の一言で片づけられました(涙)。

でも、ちょっと嬉しそうにしてくれたので助かりました。

今回はしっかり時差ボケ調整をしようと心に誓ったおぱぴでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月22日 (土)

東奔西走

インテリぶって四字熟語のタイトルを続けてみました(笑)。

昨夜の気のゆるみは結局完全に引き締まることなく、いくつかメールを残したままのドミニカ脱出となりました。

チェックイン後の朝食は、やっぱりバーガーキング

S20071222_001
11時までは朝食メニューしかないということなので、フィッシュバーガーはあきらめクロワッサンド。ハッシュドポテトが意外といけます。

20分遅れでサントドミンゴを発ったAA680便は2時間ちょっとで無事マイアミの地に舞い降りました。クリスマス休暇だからでしょうか、親子連れがいたるところに。自分ももうすぐだという気の緩みから、さくりーたさまと同じ年頃の子どもを見てはにやにやしてしまいます。

クリスマス休暇だからでしょうか、イミグレーションだけで1時間半もかかりました・・・。

ホテルは、翌朝早いので空港近くのRed Roof Innという初めてのホテル。古めですが基本設備はちゃんと揃っていて文句なし。頭上では着陸する飛行機が轟音を立ててすべり降りていますが、意外と室内は静かです。

ネット接続を確認してから、タクシーでDolphin Mallへ。去年のボリビア旅行の帰りにマイアミで一泊した際、シュラスコ食べたさに行ったら、かなり大きくて満喫できたので、今回もクリスマスプレゼントの買い出しに。

クリスマス前の週末ということで、戦々恐々としてたのですが、案の定こちらも家族連れですごい人だかり。

S20071222_006
すれ違う人達みんな(ほとんど)スペイン語を話しています。気楽でいいです。

S20071222_005
さくりーたさまと同じCROCSを見つけてシャッターチャンス。去年のこの時期にはノーマルかミッキーちゃんしかなかったのですが、一年もすると色んなタイプがあって、つい物色してしまいましたが、サイズがはっきり分からなかったので我慢。

1月に日本からドミニカに帰ってくるおまみとさくりーたとあゆみーとに半袖のお洋服を買いました。

S20071222_010
お馬に乗っている人が棒を振り回しているロゴマークのポロシャツです。左から、おぱぴのVネック、おまみのボーダー、さくらの桜色のグラデーション、あゆむのツナギ(?)、とバリエーションをつけてみました。

次に向かったのは本屋さん。

S20071222_011
さくらには、おさるのジョージスペイン語版3冊。

そして、9月にテキサスから東京に帰国したお義兄さん一家のちびちゃんたちにはらぺこあおむしシリーズ3冊セット(もちろん英語)。

その他には、明日ダラスで久しぶりの寒さに遭遇する自分のために長袖の洋服を一枚買いました。

色んなお店があるので、ちょっと覗いては次に移る、という繰り返しでした。バッグで有名なお店ではけっこう好みのバッグがあったので、おまみにどうしようかなあ、なんて迷い、買おうかなあ、と気が傾きかけたころに、去年のクリスマスプレゼントにバッグを買ったことに気が付き慌てて却下。危うく騙されるところでした(笑)。

バーガーキング以来なにも食べていなかったので、早めの夕食。

S20071222_007
ラテン料理という、なんとも守備範囲の広いお店でした。

ビールはPresidente(ドミニカ)、ごはんはGallo Pinto(ニカラグア)、お肉は・・・どこにでもありますね。と、多国籍ラテン料理でしたが、意外と美味しかったです。店の奥を見るとどうやら店主は中国系で、なぜラテン食?と悩みましたがおいしかったので許します。

買い残し(?)はないかともう一周していると、Cool Japanの影響を受けたお姉ちゃんを発見。

S20071222_008
ピンぼけですが、マイアミでも原宿が知れ渡っているようです。

今日はクリスマスプレゼントを探して空港の周りを東から西に移動し、モールの中でも西から東へくまなく歩き回り、久しぶりに歩き疲れたという感じですが、つかの間のマイアミ観光を楽しむことが出来ました。帰りのタクシーは、偶然運転手さんがドミニカ人、しかもCibaenoだったので、楽しく会話しながら締めくくりました。

明日は5時ホテル発、6時半マイアミ発ダラス行きです。そして10時10分ダラス発成田行きに乗ったら、14時間後にはクリスマスイブの成田です。そこからまだ国内線1本、電車30分、高速バス1時間、おまみのお迎えの車で30分という長い旅路ですが、さくりーたさまが驚く顔が見れると思うと、今から気持ちが高ぶってきます。

その前に残ったメールを送らないといけないおぱぴでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月26日 (金)

もうすぐ

ダラスの空港からです。

昨日とはうってかわって、なんのトラブルもなくここまできました。日本人がたくさんいます。久しぶりの感覚です(笑)。

S20071025_013
昨日とは違い、ちゃんとしたボーディングパスです。E-ticketだったので、ぺらぺらの紙ですが。

S20071026_003
昨日の分をアップしていたら、今日の機体が入ってきました。この飛行機で太平洋をひとっ飛びです。

でも、成田についてももう一本国内線が待っています。土曜日の17時にセントレアに着き、電車と高速バスを乗り継いで、20時頃にはなんとかおまみとさくりーたさまとこのぶ君が待つ蕨生のおうちに到着予定です。

ダラスの朝が意外と寒いのに驚いたおぱぴでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月25日 (木)

待っててね

とうとう一時帰国の日です。11時まで仕事をしてから空港に向かいました。

しかし、これがついていない一日の始まりでした。

S20071025_002
アメリカンのカウンター前には長蛇の列。

S20071025_001
長蛇の列。

システムがダウンして、手作業でチェックインをしてたのでした。手書きのボーディングパスってのもいつ以来でしょうか。

S20071025_012
こんなんです(笑)。

これに時間がかかったので、フライトが遅れるのは必至。余裕を持ってバーガーキングでフィッシュバーガーを食べます。他のお店でもあるのかしれませんが、フィッシュバーガーが食べれるので、ここのバーガーキングは好きです。サービスは酷いのですが。

ということで、定刻の15分前から搭乗。意外と早いな、と思っていたのですが、そこからが長い。

S20071025_003
すでにシステムは復旧していて、正規のボーディングパスを持っていた人もたくさんいたのですが、おぱぴ同様手書き版を持っていた人は、こうやってカウンターでリストと照合して席番号を書いてもらわないと搭乗できないのでした。

S20071025_004
大混乱の様子。われ先にとお姉さんに群がるラティーノ達です。こうなると「おおらかなラテン人」「時間にルーズなラテン人」というイメージは総崩れ(笑)。冷静なのは旅慣れている様子の北米人でした。

おぱぴも、乗れないことはないだろうと最後に乗り込んだのですが、席番号を確認させられたのに、機内では「自由席です」との一言・・・。

「????・・・」

マイアミでの乗り継ぎがスムーズに出来るように、前目の席をリクエストしていたのに、その目論見も水の泡です。

結局1時間遅れで離陸。一路マイアミへ。

S20071025_005
バハマのあたりでしょうか、環礁が美しいです。

2時間20分のフライトを経て、マイアミ到着。

実は、偶然この日にボリビアからアメリカに旅行に来る友人がいて、マイアミ到着時間が一緒だったので、ちょっとカフェでもと空港で待ち合わせしていたのですが、着陸時点ですでに1時間遅れ。

急いでイミグレーションに行ったのですが、そこのお兄ちゃんがまた「いけず」。トランジットなので滞在先にホテル名を記入して、住所はDFWとだけ書いていたら、

「これは空港のホテルなのか?住所は?書いてこい」

とにべもないお答え。記入していたら時間を食ってしまい、結局入国できたのは着陸してから45分後。

その友人とも無事に会って、カフェを飲みながら40分ほどお話し。まだいっぱい話したかったのですが、乗り継ぎ便があるのでおぱぴだけ急いで搭乗ゲートに。実は彼もDFWまでは行くのですが、おぱぴとマイアミで重なるというのは2日前まで知らなかったので、マイアミステイにしていたのでした。DFWステイだったら飛行機でもしゃべれたし、晩ご飯も一緒に食べれたのに、残念。

S20071025_009
久しぶりに地上の灯りが見える夜間飛行。夜の国内線はこれがあるから大好きです。それを見越してしっかりと窓際の席を予約。

空港に着いたら、ちょうど荷下ろしの様子が窓越しに見えました。

S20071025_011
二人がかりで、コンベアで流れてくる荷物をぶんぶんと放り投げていました。もちろんおぱぴのスーツケースもハードな扱いを。ベルトを忘れていたので、開いてしまわないか心配で心配で。

予約していたホテルのシャトルバスを呼ぼうと、直通電話のブースに行くと、なぜかそのホテルの番号がありません。

一分ほど途方に暮れましたが、こんな時間(21時)にぼーっとしても仕方ないので、タクシーでホテルまで。

古めですが意外と清潔なホテルでした。TVでボストンの試合を見て、岡島が今日のMVPとして紹介されていたのに驚きつつ、明日も早いので眠りについたおぱぴでした。

おまけ。

S20071023_008
ようやく本物に会えます。

ホテルにも近くのコンビニ(ガソリンスタンドに併設)にもアルコールが売っていなかったのが不満だったおぱぴでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧