2010年8月21日 (土)

懐かしの味を

今日二つ目のエントリーです。

いくつか用事があって、今日はここより300mほど低地のZona Sur(南地区)に行ってきました。先に用事を済ませて向かったのはZona Surの繁華街。おいしそうなレストランやおしゃれな洋服屋さんが並んでいます。

N20100821_001
分かりづらいのですが、一階はキッチン用品のお店。二階に上るとそこはペルー料理レストラン「Chabuca」。前回この辺に来たときに見つけてました。

ホテルの近くにも別のペルー料理レストランがあるのですが、そこはMariscos(海の幸)ばかりなので、今日はちがうものが食べたくて。

N20100821_002
でもその前に、ピスコサワー(笑)。泡が多めでしたが、ピスコもきつすぎず美味しかったです。

さて、今日頼んだのはこれ。

N20100821_003
ロモ・サルタード。ごはんと別々に来ました。アヒ・デ・ガジーナとどっちにしようか迷いましたが、やはり(?)まずはこっち。

ペルー料理と言えば!のセビッチェの他にも、アロース・コン・ポヨ、チュペ・デ・マリスコス、アロース・チャウファなんかのメインディッシュはもちろん、カウサ・リメーニャやパパ・ア・ラ・ワンカイーナなどの前菜もきちんとありました。

で、肝心の味は、ドミニカのペルー料理屋さんよりは塩辛くなく、クラントロもきちんと効いてて美味しかったです。

N20100821_004
ピスコの後は、これ、チチャ・モラーダ。意外と好きなんです。

これで9ドル(800円ぐらい)。おいしいし、お値段も手頃なので、これなら下に降りてきたときはしばらくここに通うことになりそうです。

ホテルに戻った後は、日系の食材店で買ったあんこ餅でのんびり読書(レディ・ジョーカー読了)のおぱぴでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

週末の朝

月曜日にラパスの農民組織による道路封鎖などが計画されていましたが、どうやらそれも回避されそうです。

その動きを知らずに、「早く食糧等の買い出しに行かないと」と朝食を食べにレストランに降り、いつものシリアル(+ヨーグルト+フルーツ)とクロワッサンとジュースとカフェオレに加え、週末はオムレツ(ハム+チーズ+トマト)を追加。

新聞を開いてスト回避のニュースを知って一安心。後はのんびりと新聞を読みながらの週末の朝。

ひとり暮らしと言うこともありますが、社会が不安定(ダイナミック?)なので、ボリビアではしっかりと新聞を読むことが多いです。

ということで、今日の記事から。おぱぴの超意訳なので、細かいニュアンスの違いはご容赦願います。


過去最悪の野焼き被害

この時期、Chaqueoという野焼きがボリビア東部・北部を中心に行われているのですが、それを発端とする山火事の被害が今年は過去最悪規模(150万ヘクタール、国土の約6パーセント)に発展し、サンタクルス、パンド、ベニの3県では緊急事態宣言が出されました。で、政府もさじを投げ、「雨が降るのを待つしかない」とのコメント。例年以上の寒さと野焼き、なかなか盛りだくさんの2010年ボリビアです。
 
家電製品価格15%上昇

密輸製品だけでなく密輸に使用された施設(倉庫など)・設備(トラックなど)の没収を始めとするその内容が小規模輸入業者(家族経営レベル)から猛烈な反発を招いている通関法(Ley de Aduana)ですが、その制定・公布を前にすでに白物家電が15%も値上がりするという状況に。ラパスの秋葉原と言われるEloy Salmonでは(おぱぴもすでに3回ほど行きましたが)、白物家電を中心に15%程度の値上がりを見せている模様。来週ぐらいにはアパートに引っ越すおぱぴにとっては、圧力鍋や無線LANルーターの値上がりが心配です。
 
さて、ここからはスポーツ。
 
タコのパウル、イングランドのW杯招致をサポート

南アフリカW杯で一躍有名になったタコのパウルが、2018年のW杯招致を目指すイングランドの特別アンバサダーに任命されたとか。ドイツに住んでいる(?)のですが、元はイギリス生まれ(?)という縁で実現した話らしいのですが、面白くないのは同じく招致に立候補しているスペイン。そりゃまあ、百発百中の彼が味方に付けば怖いものなしですからね。しかし、自国ドイツの負けを予想して当てた実績もありますから、まだ何が起こるかは分かりません。
 
ペニャロール、重戦車ビエリの身分照会

ウルグアイチャンピオンのペニャロールが、2009年に引退したイタリア人FWクリスティアン・ビエリの獲得を検討している模様。ペニャロールにはビエリ側からオファーがあったらしく、この移籍が実現する確率は高い、と関係者は証言しているとのこと。しかし、確かおぱぴより年上でもう40手前、しかも近年ではなにかサイドビジネスの方に力を入れているという話も聞きますので、まあ、ネタじゃないかな、と。ドミニカではこんなサッカーのネタ記事は目にすることがなかったので、南米の蹴球文化が心地良いです。

ということで、良い週末を。

NHKの懐メロ番組を楽しめるようになった自分に年齢を感じたおぱぴでした。

>あるふぁさん
ありがとうございます。初スペイン語圏生活だった当時はあまり違和感を感じませんでしたが、やはり日常の挨拶にアディオスはちょっと微妙ですよね(笑)。来週タリハ出張の予定でしたが、色々と難しい省内政治事情(この国こんなんばっかり)で中止になりました(苦笑)。名前は忘れましたが、前回出張時に食べられなかった美味しいアルゼンチン肉レストランに早く行ってみたいです。

>なつきーたさん
スペイン語ネタ、コメント来ると思ってました。ありがとうございます。オリビアのバイバイ、思い出せません。思い出せないのか思い出したくないのか(笑)。しかし、ドミニカから別の国に行くといつも思うのですが、スペイン語が聞き取りやすい。それだけでもう、仕事上・生活上のストレス半減(笑)。でも、おとなしいボリビア人に話をしていると、あまりリアクションがないので、「ホントに分かってんのかな?」とか「ホントはどう思ってんのかな?」と不安になってきたりして、分かりやすい反応のドミニカが懐かしくなったりします(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月18日 (水)

心身共に

週に一回の平日洗濯の日なので、いつもよりちょっと早起きのおぱぴです。

赴任から一ヶ月半が経ちました。これまで4回ほど来てたとはいえ、いつも2週間の短期滞在。1ヶ月を超すボリビア高地生活にも心身共に慣れてきたような気がしています。
 
通勤の登り坂を日本と同じスピードで登り、途中で息切れしていたのが、少しゆっくり歩くようになり、
 
消化に良くないので、夕飯は軽く済ませる(サラダとスープ程度)ようになり、
 
乾燥した空気が息苦しくて夜中に目覚めることも少なくなり、
 
ドミニカで自分もそうだったにもかかわらず、半袖の人に目を奪われるようになり、
 
ドミニカで飽きるほど見ていたにもかかわらず、黒人さんに目を奪われるようになり、
 
と、すっかりラパス生活に順応してきたつもりです。

まだボリビア独特の言い回しや、よく使う単語なんかは同僚を観察しながら勉強中ですが、想像していたより順調な滑り出しです。とはいえ、契約期間も四分の一が過ぎてしまいました。仕事も本格的に忙しくなってきましたし、時間を無駄にしないよう、毎日を過ごさないと、と思った次第です。

NHKで博多なんたらというお笑いの人が川平慈英のモノマネをしているのを見て、20年前にはWOWOWのサッカー番組でハイテンションに騒いで「誰だあいつ?」と言われていたあの人も、今やモノマネされるぐらいになったんだな、と変なところでちょっと感慨深くなってしまいました。

ホテルにコインランドリーがあるので長期滞在も助かるおぱぴでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 8日 (日)

お姫さまのお通りです

白夜行が止まらずに、徹夜で朝6時までぶっ続けで見てしまったおぱぴです。

眠い目をこすりながらお昼ごはんに出かけ、静まりかえったラパスの通りに停まってた車で発見。

Princesa

PRINCESA A BORDO (Princess on board)

つまり、「お姫さま乗ってます」。

まあ、自分の子どもに「Mi reina(=My Queen)」なんて呼びかけるドミニカ人も沢山いたので、ボリビアのお姫さまが中古のセダンに乗っててもよしとしましょう。

勝手にブログ強化月間、質より量(回数)で行くおぱぴでした。

> Elisaさん
ありがとうございます。これでなんとか数の上ではO家に並びました(笑)。一組そろったので、もうどっちでも(別に投げやりな訳ではありませんよ)いいのですが、なぜか女の子の名前ばかり考えてしまいます(笑)。
ほんと、子どもは親を選べませんから、親の責任って重いですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 5日 (月)

W杯の楽しみ方

明日・明後日は準決勝ですが、ちょうど出張が入っていて見られないおぱぴです。

生観戦・TV観戦だけでなく、W杯の楽しみ方は色々ありますが、ボリビアでこんなのを目にしました。

よく行くカフェテリアのカウンターに置いてあった販促チラシ。

Sexy_footballers
「一番セクシーな選手に投票して豪華賞品を当てよう!」

選手の選考に色々と異議があるかも知れませんが(笑)、半裸の選手はちょっと卑怯?。まあでもやっぱりトップアスリート、いい体してますね。フォルラン(7番)はちょっとキモイけど(笑)。

まあ、どこでも似たようなことやってるんだな、と。

今日スーパーの前で晩ご飯に買ったチョリパン(焼いたチョリソーを挟んだパン)がちょっと心配なおぱぴでした。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年7月 4日 (日)

コパ・ムンディアル

Copa Mundial(スペイン語)=Workd Cup真っ最中の南米ボリビアです。

ブログのデザインを変えてみました。サントドミンゴの朝焼けです。ボリビアでいい写真が撮れたら変更しますので、それまではこれで。

ボリビア代表は出場しておりませんが、この期間はサッカーを中心に国が動くと言っても過言ではないのがラテンアメリカ。ライバル国の勝った負けたに一喜一憂です。出てなくてもそうですから、ブラジルやアルゼンチンの熱狂ぶりはすごかったことでしょう。はい、すご「かった」です。残念なことに、このサッカー大国でもコパはすでに過去形で語るものになってしまいましたね。

土曜日のアルゼンチンVSドイツ、おぱぴもしっかり堪能しました。

N20100703_001
キックオフはボリビア時間の午前10時。遅めの朝ご飯を食べるホテルのレストランでも大画面での観戦サービス。

前半3分にドイツがFKからあっさり先制。欧州の仲間の先制を喜んでいるのか、南米のライバルの躓きをほくそ笑んでるのか、欧州系の観戦者が大喜び。

ハーフタイムに、同じホテルに投宿している知り合いからコーヒーを飲みに誘われたので、近所のカフェに。

ドミニカではほとんど見かけなかったカフェテリア。ここももちろんW杯仕様。

N20100703_002
アルゼンチンを応援するお客さんが多く、少々気まずい空気。TVが見える室内の席はすでに満席だったので、テラス席に。ということで、店内が盛り上がる度に中に入ってリプレーで何が起きているかを確認する、間接リプレー参戦でした。

N20100703_003
ちなみに、気圧が低い影響で、カフェも沸点が90度弱と低く冷めるのも早いので、こんなグッズを持参してみました。緑のやつです。そう、フタです。これが意外と役に立ちます。普通なら2-3分ですっかりぬるくなるところが、10分近くは熱々を楽しめました。

試合?まあ、リスクを冒して点を取りにいったアルゼンチンにドイツのカウンター爆撃が炸裂したのでしょう。ただ、点差ほどの力の差はないと思います。差があるとすれば、監督の差、かもね(笑)。

ということで、金・土と立て続けに南米の本命が姿を消してしまいました。当地在住の日本人も、これでW杯も完全に終わった、と肩を落としております。

ただ、まだ南米からはウルグアイが残っています。彼らが南米代表の意地を見せてくれるのを楽しみにしましょう。

火・水の準決勝は、ちょうど地方出張のおぱぴでした・・・。
 
 
Cocologでは自動的にスパムと判断されて、海外からコメントは出来ないらしいので、これからはここでお返事をしたいと思います。

>Elisaさん
時差・高度にも大分慣れてきました。ただ、やはり走ったりする勇気はまだありません(笑)。しかし、アルゼンチン、残念でしたね。マラドーナがどうするか、興味津々です。

>さとぽん
世間を賑わせているアンテナ問題は、ケースをしているので影響ないのですが、裸で握ってみると受信表示がみるみる下がっていきます。それ以上に困っているのが、WiFiです。正しいパスワードを入力しても繋がらなかったり、繋がっててもデータの送受信が行われなかったり。WEBで同様の症状を探して、色々と試していますが、根本的な解決にはなってません。早くリンゴ屋さんが対応してくれるといいな。でも、アンテナはプログラムの問題と言ってはいるけど、ハードの問題っぽいから直すのは無理っぽいね。

でもまあ、全体的には満足のあいぽん4です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 1日 (木)

なんとか到着

ラパスのホテルからおぱぴです。

29日の正午前に離陸した飛行機が乗り継ぎのシカゴに到着したのは29日9時。毎度のことながら不思議な感じです。

シカゴの29日午前9時は日本だと同日夜11時。そう、日本対パラグアイの開始時刻。買ったばかりのiPhoneのWiFi接続を試みるも、何故か上手く行かず。あきらめ気分で乗り継ぎ便の搭乗口に向かったところ小さな奇跡が。

N20100629_021

中継してるお店発見!

N20100629_022

間違いなく日本戦です!!


N20100629_023

もちろんカウンターに座って観戦(笑)。

一杯だけでねばるつもりが、延長・PKにまでもつれ込んだので、2杯目を注文する羽目に。

隣ではパナマに向かう日本人ビジネスマン、後ろでは新婚旅行帰りカップルが画面を食い入るように見つめていました。まあ、当然と言えば当然なのですが、パラグアイ人も通りすがりにスコアを訪ねていったり。

残念な結果に終わりましたが、最後まで足を止めることなくチーム一丸となって戦う姿に、これから半年の戦い(大げさ?)に望む勇気をもらった気がしました。

その後マイアミに向かい、最後はラパス便です。

朝5時に到着。ホテルにチェックインしてから早速仕事。午前中は教育省で引継ぎ、午後はボリビア事務所あいさつ、手続き。夜まで寝ることもなく動いていたので、時差調整も順調にいきそうです。

火曜に日本を出てから長い道のりでしたが、まだ2日しか経っていません。今日と明日で引継ぎを一通り済ませば、なんとか週末です。でもまずは洗濯や生活必需品の購入でつぶれそうです(笑)。

ということで、ボリビア単身赴任が始まりました。あまり堅くならないよう、気楽に書いていきますので、どうぞよろしくお願いします。

ちょっと酸欠気味のおぱぴでした。

| | コメント (1) | トラックバック (0)