« 心身共に | トップページ | 懐かしの味を »

2010年8月21日 (土)

週末の朝

月曜日にラパスの農民組織による道路封鎖などが計画されていましたが、どうやらそれも回避されそうです。

その動きを知らずに、「早く食糧等の買い出しに行かないと」と朝食を食べにレストランに降り、いつものシリアル(+ヨーグルト+フルーツ)とクロワッサンとジュースとカフェオレに加え、週末はオムレツ(ハム+チーズ+トマト)を追加。

新聞を開いてスト回避のニュースを知って一安心。後はのんびりと新聞を読みながらの週末の朝。

ひとり暮らしと言うこともありますが、社会が不安定(ダイナミック?)なので、ボリビアではしっかりと新聞を読むことが多いです。

ということで、今日の記事から。おぱぴの超意訳なので、細かいニュアンスの違いはご容赦願います。


過去最悪の野焼き被害

この時期、Chaqueoという野焼きがボリビア東部・北部を中心に行われているのですが、それを発端とする山火事の被害が今年は過去最悪規模(150万ヘクタール、国土の約6パーセント)に発展し、サンタクルス、パンド、ベニの3県では緊急事態宣言が出されました。で、政府もさじを投げ、「雨が降るのを待つしかない」とのコメント。例年以上の寒さと野焼き、なかなか盛りだくさんの2010年ボリビアです。
 
家電製品価格15%上昇

密輸製品だけでなく密輸に使用された施設(倉庫など)・設備(トラックなど)の没収を始めとするその内容が小規模輸入業者(家族経営レベル)から猛烈な反発を招いている通関法(Ley de Aduana)ですが、その制定・公布を前にすでに白物家電が15%も値上がりするという状況に。ラパスの秋葉原と言われるEloy Salmonでは(おぱぴもすでに3回ほど行きましたが)、白物家電を中心に15%程度の値上がりを見せている模様。来週ぐらいにはアパートに引っ越すおぱぴにとっては、圧力鍋や無線LANルーターの値上がりが心配です。
 
さて、ここからはスポーツ。
 
タコのパウル、イングランドのW杯招致をサポート

南アフリカW杯で一躍有名になったタコのパウルが、2018年のW杯招致を目指すイングランドの特別アンバサダーに任命されたとか。ドイツに住んでいる(?)のですが、元はイギリス生まれ(?)という縁で実現した話らしいのですが、面白くないのは同じく招致に立候補しているスペイン。そりゃまあ、百発百中の彼が味方に付けば怖いものなしですからね。しかし、自国ドイツの負けを予想して当てた実績もありますから、まだ何が起こるかは分かりません。
 
ペニャロール、重戦車ビエリの身分照会

ウルグアイチャンピオンのペニャロールが、2009年に引退したイタリア人FWクリスティアン・ビエリの獲得を検討している模様。ペニャロールにはビエリ側からオファーがあったらしく、この移籍が実現する確率は高い、と関係者は証言しているとのこと。しかし、確かおぱぴより年上でもう40手前、しかも近年ではなにかサイドビジネスの方に力を入れているという話も聞きますので、まあ、ネタじゃないかな、と。ドミニカではこんなサッカーのネタ記事は目にすることがなかったので、南米の蹴球文化が心地良いです。

ということで、良い週末を。

NHKの懐メロ番組を楽しめるようになった自分に年齢を感じたおぱぴでした。

>あるふぁさん
ありがとうございます。初スペイン語圏生活だった当時はあまり違和感を感じませんでしたが、やはり日常の挨拶にアディオスはちょっと微妙ですよね(笑)。来週タリハ出張の予定でしたが、色々と難しい省内政治事情(この国こんなんばっかり)で中止になりました(苦笑)。名前は忘れましたが、前回出張時に食べられなかった美味しいアルゼンチン肉レストランに早く行ってみたいです。

>なつきーたさん
スペイン語ネタ、コメント来ると思ってました。ありがとうございます。オリビアのバイバイ、思い出せません。思い出せないのか思い出したくないのか(笑)。しかし、ドミニカから別の国に行くといつも思うのですが、スペイン語が聞き取りやすい。それだけでもう、仕事上・生活上のストレス半減(笑)。でも、おとなしいボリビア人に話をしていると、あまりリアクションがないので、「ホントに分かってんのかな?」とか「ホントはどう思ってんのかな?」と不安になってきたりして、分かりやすい反応のドミニカが懐かしくなったりします(笑)。

|

« 心身共に | トップページ | 懐かしの味を »

ボリビア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 週末の朝:

« 心身共に | トップページ | 懐かしの味を »