« 南からの贈り物? | トップページ | お姫さまのお通りです »

2010年8月 7日 (土)

生まれてきて

いつまでもトップ記事にタイツの写真というのもなんなので(笑)。

6日は独立記念日で3連休なので、街をうろうろしているおぱぴです。

今日はラパスの秋葉原と言われるEloy Salmonという街に行ってみました。まあ、4ブロック四方ぐらいのこぢんまりとしたところですが、白物家電からHDTV、PCパーツや携帯電話まで、色んなものが売られています。

さて、こんな街歩き以外には読書かビデオ鑑賞しかないおぱぴの週末。文庫本の読破スピードが予想以上に速くなっているので、ここ数日はビデオの方に。日本からHDに入れて持ってきたものをiPhoneに移してごろ寝しながら見るのが基本姿勢。おかげで街歩きの合間のカフェやレストランでも見れるわけです。

で、今日見たのが白夜行。今さらという感じですが、小説は読んでいたので、その記憶を思い出しながら。

(ちょっとネタバレあり)まだ2話目、二人の子ども時代です。厳しい家庭環境の下、いい事なんて何もないと思っていた雪穂ちゃんは、亮司に出会えて生きてて良かったと初めて思えたと、彼への別れの手紙の中で告白しています。

話は飛びますが、そこでおぱぴの頭の中に浮かんだのは、例の大阪の幼児置き去り事件。色んな分析があると思うのですが、そこには触れません。ウェブやNHK(ラパスでも見れるのです)で目にする度に、二人の小さなこどもはどんな気持ちでお母さんを待ち続けていたのだろう、と思うと涙が止まりません。単身赴任中のおぱぴには厳しすぎる話です。

この雪穂ちゃんの言葉に、「あの二つの小さな命は、生まれてきて良かったと感じることが出来たのだろうか」と考えるだけでまた涙でした。不覚にも、初めて入った食堂でチキンフライをかじりながら。

一部の方にはお伝えしてましたが、来年の3月におぱぴ一家に新しいメンバーが増える予定です。当初の希望人数にようやく到達します。この新しい命が、健康に生まれ育つ(それだけでも十分だとは思いますが)だけでなく、生まれて来てよかったといつか心の底から感じてもらえるようにするのが親の義務なんだな、と思った次第です。これまでにも漠然と考えたこともありましたが、ここまで明確に思ったのは初めてです。もちろん、さくりーたさまとあゆみーとくんにも、そう思ってもらえるよう、南米で毎日頑張っています。

「親」になってまだ6年とちょっと。こういったことを考えながら、親であることを一生勉強し続けていくんだな、多分、と涙目でデザートを食べながら考えたおぱぴでした。

単身赴任はいけませんね。ちょっと真面目に考える機会が多くなってしまいます(笑)。

> あるふぁさん
ラパスのSurも大分落ち着いたようです。寒さには大分慣れましたが、この乾燥気候で一日何十発もぱちぱち君に不意打ちを食らっています。もともとかなり帯電する方なので、これが半年も続くのかと思うとちょっと憂鬱です。

> べんちゃんさん
街(日陰)とオフィスは寒いのですが、ホテルの部屋は暖かいので今も半袖です(笑)。気圧の関係でお酒もビール一本かワイングラス1~2杯でストップしてます。サントドミンゴで飲んでたPresidenteが懐かしいこの頃です。
で、荷物は無事届きましたか?ブログにコメントしてみたのですが、そちらのブログもココログなので、海外からのコメントは拒否されてしまいました・・・。アップ楽しみにしています。

|

« 南からの贈り物? | トップページ | お姫さまのお通りです »

その他」カテゴリの記事

コメント

おぉっ!
おめでとうございます!!!

もう『parejita』がいるから、次は男の子でも女の子でも、全くのプレッシャー無しで生まれて来れますね(笑)。

夫婦の場合は、自分で相手を選ぶ事が出来る。しかし、子供は生まれて来る家庭を選べない、とどこかに書いてありました。
なので、本当に、自分の子が『ここに生まれて来てよかったなぁ』と、心から思える様な家庭にしたいですよね。きっと親のその気持ちは、ちゃんと子供には伝わっていると思います(うちの場合ではありませんが・・笑)

本当におめでとうございます!!


投稿: Elisa | 2010年8月 8日 (日) 08時40分

おめでとうございます!ますます賑やかなお家になりますね。少子化、少子化、といいつつ、「3人目」ニュースをよく聞くなあ・・・と思っていたら、「0人」と「2人以上」に分かれる分布なのだと友達にいわれました。
ポトシが大変なことになってますね。グアテマラとは政治文化が本当に違うな・・・。

投稿: あるふぁ | 2010年8月 9日 (月) 14時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 生まれてきて:

« 南からの贈り物? | トップページ | お姫さまのお通りです »