« 飛散る(とびちる) | トップページ | 受験生になる »

2009年4月13日 (月)

世界に通じる日本語

海外にいて、偶然日本語を見たり聞いたりすると、驚くと同時にこんな単語が海外でも通じるのか、と不思議になるものです。

そんな不思議な日本語をひとつ。

Kimono
Kimono。

さくりーたさまの幼稚園ではアルファベットの学習中。「K」で始まる単語の例として使われています。

しかし、一緒に映っている動物が気になります。

Kimoono2
Koala...。

ということで、結論。
ドミニカの子どもたちにとって、「K」のつく単語といえば、KimonoとKoala (笑)

よく見ると、女の子の笑顔もどこかしら陰鬱さを感じさせるホラーマンガ系・・・。

さくりーたさまの幼稚園の子どもたちは、果たしてちゃんと「K」を覚えているのだろうかちょっと不安なおぱぴでした。

|

« 飛散る(とびちる) | トップページ | 受験生になる »

ドミニカ共和国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 世界に通じる日本語:

« 飛散る(とびちる) | トップページ | 受験生になる »