« 熱く語る夜 | トップページ | キリスト生誕 »

2007年12月16日 (日)

やっぱりここはドミニカ

報告をしたかどうかあやふやなので簡単に書いておきます。かなり前に実施したさくりーたさま三輪車部品調達大作戦ですが、メーカーのお客様対応係から、「交換部品の送付は残念ながら弊社の販売店のみとさせていただいております」という返事が届きました。

残念ながらアジアのお店は香港のみ。しかし、ドミニカにはどうやらお店がある模様。赴任の際に、壊れた部品だけは持参しておりました。

すっかり忘れていたのですが、昨日(土曜日)不意に思い出し、再びそのメーカーのサイトで店の所在地を確認すると、サントドミンゴで最も高級なショッピングモール。何度か行ったことがあるので、「そんなところにあったかなあ・・・」と半信半疑で、出かけてみました。

S20071215_001
クリスマスを前に、子どものプレゼントを買いに来た家族連れでいっぱいでした。

いつもながら、どこにこれだけいるんだろう、と思わずにいられないくらい白人系ドミニカ人がたくさんいます。ここに来ると、ドミニカにいるということを忘れてしまうくらいです。

さて、肝心のお店ですが、ネットの情報とは微妙に違っていて、2Fでなく3Fの一角にありました。普通の大きさの大人用の入口と、子どもしか通れない小さなサイズの入口が並んでいる、ペルーで見慣れた店構えでした。しかし、中はまだお兄さんお姉さん達が商品を陳列中・・・。そのうちの一人に聞いてみたら、「神様が望むなら、明日です(Si Dios quiere, man~ana)」と。

これは、この国で特徴的なのかもしれませんが、神様が望む=「かなり確度の高い」明日ということを意味しています。部品の取り寄せについても「もちろん、いいですよ」との返事だったので、彼らの言葉を信用して出直すことにしました。

S20071215_004
2階の広場では、クリスマス気分を盛り上げるダンス(写真左下の赤い衣装のお兄さんお姉さん)やサンタクロースとの記念写真(写真右下)などが行われていました。

S20071215_003
エアコンが効いたモール内とはいえ、この熱帯の国でサンタさんご苦労様です(笑)。

で、日曜日に再び出向いたわけですが、

 
 

当然ながらまだ陳列作業中でした・・・。 

(  ゚ ▽ ゚ ;) あ、やっぱり。

 
 

最高級ショッピングモール、多国籍おもちゃメーカー、丁寧な応対といったプラス要因を前に目が曇ってしまいましたが、やはりここはドミニカ共和国でした(笑)。

初めて焼きうどんに紅ショウガを入れてみたおぱぴでした。おいしかったです。

おまけ

S20071212_004_2
大きなあくびの長男君です。大きな声で泣くようになりました。

|

« 熱く語る夜 | トップページ | キリスト生誕 »

ドミニカ共和国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: やっぱりここはドミニカ:

« 熱く語る夜 | トップページ | キリスト生誕 »