« やっぱりここはドミニカ | トップページ | 黄金時代よ再び »

2007年12月17日 (月)

キリスト生誕

クリスマスを一週間先に迎え、街はすっかりクリスマスモードです。

おぱぴの住むアパートも例外ではありません。

S20071216_003
前の家はかなり気合い入っています。

S20071216_004
ドアにはもちろんリースですが、ドア枠にも力が入っています。

S20071216_005
イエス・キリストの生誕シーンを模した人形です。グアテマラではNacimiento(ナシミエント)と呼んでましたが、この国では何と呼ぶのでしょう。

S20071216_006
馬小屋には聖母マリアとヨゼフと、あれ・・・

S20071216_007_2
キリストさま、生まれちゃってます。

ペルーでは24日から25日に日付が変わったらキリスト人形を置いてたのですが、単なる先走りでしょうか、それともこの国では「そんなの関係ねぇ」ってことでしょうか。

確かおぱぴの職場のナシミエントもすでに赤子が生まれていたと思います。細かいことは気にしないドミニカ流かもしれません。

家々のイルミネーションに電気を使っているからなのか、最近どうも停電が多い気がするおぱぴでした。

|

« やっぱりここはドミニカ | トップページ | 黄金時代よ再び »

ドミニカ共和国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: キリスト生誕:

« やっぱりここはドミニカ | トップページ | 黄金時代よ再び »