« しばしのお別れ | トップページ | ラッパのマーク »

2007年11月11日 (日)

オイルショック

さわやかな日曜の午前中。ガソリンスタンドでのこと。

前の車が給油係のお兄ちゃんと何やら話をしたかと思うと、給油せずに立ち去りました。変だなあとは思いつつも、「ラッキー待ち時間が減った」程度でお兄さんに一言。

「ハイオク満タンね」。

しかしそのお兄さん

「ガソリンがないんだよ、セニョール・・・」

そして

「レギュラーならあるんだけどね」とも

転売を考え車へのダメージを少なくするためにハイオクを入れてますので、「じゃあいいよ」とその場は給油無しで退散。そして別のガソリンスタンドに。

こちらもEssoですが、同じ状況。ガソリンスタンド入口で、申し訳なさそうに笑ったおじちゃんが道をふさいでいました。

一応窓を開けて聞くと、「ない」とのこと。しかも入荷(っていうのか?)するのは「金曜日」だとか・・・。

いつの間にこの国は非常事態に突入してしまったのでしょうか。

ちょっと冷静になると、この現状には以下の2つの点でそれぞれ2つの可能性が考えられます。

A:規模
 その1:Essoだけ。
 その2:全国規模。

B:理由
 その1:原油価格の高騰
 その2:熱帯低気圧Noelの影響

あまり新聞を読んでいないので、正確にはどういった理由なのかは分かりません。とにかく、うちのRAV4ちゃんは、もうすぐでガス欠なので、どうにかしないといけないのだけは確かです。

時差ボケといい、こういった社会の動きへのフォローといい、日本に帰ってた2週間分がまだリカバリーできていないおぱぴでした。

(追記)

新聞によると、Noelの影響だそうです。今日にも充分な量のガソリンが到着するとのことですが、消費者の手元まで届くにはもう少しかかりそうです。

|

« しばしのお別れ | トップページ | ラッパのマーク »

ドミニカ共和国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オイルショック:

« しばしのお別れ | トップページ | ラッパのマーク »