« やはり | トップページ | 不幸中の幸い »

2007年11月17日 (土)

ベネズエラ発

残念ながら今日は一日水がありませんでした。この分では日曜も水はないことでしょう。

昨夜の外食は、最近出来た日本食レストランでした。その名も「SHIHAN」。

シハン?

師範??

あ、Maestro???(マエストロ)

店内は鉄板焼き、カウンターバー、テーブル席の三つのブロックに別れていたのですが、とりあえずはテーブル席で。

胸元がばっちり開いた白いドレスのお姉ちゃんの誘惑(お勧めワイン)にも負けず(笑)、この新しいお店の手の内拝見とばかりに注文したのは、Sushi Mixto Shihan(シハン寿司盛り合わせ)と、Tempra Especial(特製天ぷら)、鉄板焼き(牛鶏)とワカメサラダ。

カメラを忘れていたので同席していた知り合いのカメラで写真を撮ったので、掲載は後ほど。

さて、お料理の味です。お刺身はAKAほど水っぽくはないのですが、かといって「新鮮っ」てほどでもなく。握り寿司については、ありがちなガチガチに握られたものではなく、適度なニギリ具合だったのですが、残念ながら酢が薄めでした。巻き寿司はアボカドやカニかま、エビなどが巻かれた創作巻きが多く、こういうものだと思えばおいしかったです。

天ぷらは魚が一切れ、あとは野菜ばかり。揚げたてはおいしいのですが、油をきっていないのか、二つ三つと箸が進むにつれ胸にきました。残念。

鉄板焼きは、調理されたものがテーブルに来たのですが、鉄板焼き席の方を見ると、予想通りショーアップ系の鉄板焼きで、味は至って普通。あれが普通の調理法だと思われるとちょっとつらいです(笑)。

その他にも色々と凝った名前のメニューがあったのですが、いけてないのが焼き物の「GENBAKU」。趣味が悪いというか不謹慎というか。

お店全体的に、モダンな寿司バーって感じで、客層は完全に高所得者層、しかも比較的若い人が多かったです。おぱぴ達が入店した時は半分程度の入りだったのですが、1時間もすれば満席で、Cool Japanが全世界的なブームである今、流行に敏感な若い世代が多く来ているのが分かります。みんなお箸を器用に使っていたのが印象的でした。

この国ではほとんど目にしないショーアップ系鉄板焼きなので、どこからのれん分けしたのだろう、と思いながら見ていたら、花板さんらしき人の割烹着の袖には赤青黄の三色旗が。南米には似たような国旗が三つほどあるので、目をこらしてみてみるとどうやら暴れん坊大統領がアメリカ相手にケンカしているあの国のようです。

店を出る時に聞いてみると、やはりベネズエラから来たということでした。確かにカリブ海を渡ればすぐなのですが、人や経済の交流がある、しかも日本食レストランの分野でっていうのがとても意外でした。

値段は、注文している時はそれほど高いとは感じなかったのですが、やはり16%と10%の消費税と法定チップを払うと結構な額になってしまいました。味はそれほど悪くはなかったのですが、これぐらいならAKAに行った方がましかな、と思った次第です。

おまけ。

S20071104_023
2週間ほど前の写真ですが。

シャワーを浴びれないのがつらいおぱぴでした。

|

« やはり | トップページ | 不幸中の幸い »

ドミニカ共和国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ベネズエラ発:

« やはり | トップページ | 不幸中の幸い »